sankaku🍙sikaku🍙

毎日のこと、音楽のこと

ケニー・ロギンスとロウソクと

朝から、箱根駅伝の入れ替わりが激しく

目まぐるしい展開に、驚きながら目が覚めた。

 

選手たちの一生懸命に走る姿が、汗が、

胸をしめつける。

仲間同士で支え合って、切磋琢磨しながら

日々の練習を積み重ねる。

いかに自分と向き合って、向き合って

とことん向き合えるのかということだろうか。

この場所で、最高の形にしたいものだが

そうはならなくても

その努力は必ず、いろんなところで輝きを増していくだろう。

ってアナウンサーが解説してた。

 

僕自身は、安定のなにもしない日々を

だらだらと過ごしつつ、明日から控えている

ジゴクの生活に怯えていた。

 

AORのプレイリストをかけては、本に夢中になっている。

その中でケニー・ロギンスのThis Is Itに

耳を引きちぎられるくらい、もっていかれた。

ケニー・ロギンスはトップガンのあの歌しか知らなかったが、素晴らしい。

やはり80年代から遡り、60年代まで

聞きこむ必要があると。

知見を増していく必要があると感じた。

 

日も暮れて

部屋には、頂き物のアロマキャンドルが

ぽつんと置いてある。

寒そうにしているもんだから

火でも灯してあげようかと。

火を点けた。

火をぼーっと見るのが好きだ。

 

そう考えながら、今日は何曜日だろうと

ふと思った。

正月とは、恐ろしいもので

時間、曜日感覚をなかなか返してくれない。

返却期日は、とっくに過ぎているよ。

これだから、困るよ。

 

明日は、金曜日。

再確認できたよ。

 

ロウソクの火と、正月気分にふっと息をかけて

さよならするのだ。

そして、普段の生活へ

布団に入るとするか。